映像が動き出すとき――写真・映画・アニメーションのアルケオロジー

著者:トム・ガニングさん、編集・翻訳:長谷正人さんです。

映画や写真に対する様々な考察。
デジタル化したことで、また新たな考えや議論が生まれるんですね。

自分の中の結論は出なくても、新しい見方を得られそうです(*´ω`)

7920円

イメージが動くとは。
「アトラクションの映画」の概念で、映画という枠組みを超え映像文化研究に大きなインパクトをもたらした初期映画研究・メディア史研究の泰斗ガニング。
その思考はさらに深化して、鮮やかな〈動き〉の視覚文化論を展開し、写真・映画・アニメーションにわたる映像文化圏全体を見晴らす。

映画や写真は長い間、インデックス性を本質とするものとして捉えられてきた。
ベンヤミン、バザン、バルト。対して、映像技術のデジタル化した今日、「映画はアニメーションの一ジャンル」とマノヴィッチは大胆な命題を提起した。
ガニングはこの衝撃を正面から受けとめつつ反論する。
問題は、写真的なリアリティか加工可能なグラフィックかの二項対立ではないのだ。

驚くべき該博な知識に基づき、膨大な論考を精力的に執筆し続けているが、ガニングにはこれまでまとまった論文集がなかった。
このたび日本語版独自編集で、英語圏にもまだない初の一書が生まれる。
2000年代以降発表されたおよそ100にものぼる中から精選。図版多数。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です