風景写真まるわかり教室

著者:萩原 史郎さん、萩原 俊哉さん、萩原 れいこさんです。

構図やテクニック、表現などをQ&A形式でまとめられています!

テーマをしっかりと考えられる作りになっていますので、迷った時の1つを頭に入れやすくなっています(*´ω`)

2310円

スライドショーには JavaScript が必要です。

写真を選んで答えを考えるだけで上達!

本書は、筆者からの65の質問に対し読者自身が答えを考えることで、風景写真のテクニックを一段とアップすることができるQ&A形式の入門書です。
奇数ページに「質問」、偶数ページに「解答」を掲載して、ページをめくらないと筆者の解答がわからない構成になっているため、じっくりと答えを考えることに集中できます。

1 【構図編】
Q1 滝の迫力が伝わる構図はどちら?
それはなぜでしょうか

Q2 どちらが森の広さを感じますか
その理由はなんですか

Q3 縦構図、横構図
どちらが奥行きを感じますか

Q4 それぞれどんな構図法でしょうか
名前はわかりますか

Q5 水平線の位置は
どれが正解でしょうか? …ほか

2【テクニック編】
Q22 画面全体をパンフォーカスするなら
ピント位置はA? B? C?

Q23 どちらもパンフォーカスをしています
それぞれどのくらいの絞り値ですか?

Q24 光条がキラリ!
絞り値はF2.8? F16?

Q25 絞り値を
開放で撮影したのはどちら?

Q26 貴方が好きなシャッタースピードはどれ?
その理由を言葉にしてください …ほか

3【四季の表現編】
Q45 春の重たい雪の印象は
どちらが強いですか

Q46 春なのに
寂しさを感じるのはどれ?

Q47 春らしいサクラの色はどちら?
理由を考えてください

Q48 ふんわりとロマンティックな花畑は
どのように撮影したら良いですか?

Q49 サクラ吹雪を撮影するときは
どのような背景が良いですか? …ほか

【コラム】
・構図の基本~構図を理解し、構図法を利用する~
・色・絞り・ピント~理解すれば表現は自由自在~
・四季を表現すること~季節はすべて繋がっている~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です