ヤマケイ文庫 極北の動物誌

著者:ウィリアム・プルーイットさん、翻訳:岩本 正恵さんです。

厳しい極北の大自然のなかで生きていく動物たち。

精一杯生きているのはやはり感動してしまいますね。

990円

スライドショーには JavaScript が必要です。

星野道夫が「名作」と呼んだ幻の古典。
この本全体に流れている極北の匂いに、どれだけアラスカの自然への憧れを掻き立てられただろう/星野道夫カリブー、ムース、オオカミらが危ういバランスの上で織りなす極寒の地の生態系――。

『沈黙の春』が人類による自然破壊に警鐘を鳴らした1960年代初め、アラスカの大地を核実験場開発の脅威から守り抜き、そのため故国アメリカを追われた動物学者がいた。

彼の名はウィリアム・プルーイット。
極北の大自然と生命の営みを、詩情あふれる筆致で描き、写真家の星野道夫が遺作『ノーザンライツ』のなかで、敬意をこめて「アラスカの自然を詩のように書き上げた名作」と評した幻の古典を文庫化。

気候危機と生物多様性の危機が差し迫るなか、人の営みと自然の営みの共存を問いかける本書は、「エコロジーとは何か」を知るための入門書であり、今を生きる全ての人へのギフトだ。

■内容
刊行によせて 星野直子

プロローグ
旅をする木
タイガの番人
ハタネズミの世界
ノウサギの世界
待ち伏せの名手
狩りの王者
カリブーの一年
ムースの一年
ムースの民
生命は続く
ホームステッド
にわか景気
未来の展望

謝辞
エピローグ―一九八八年版あとがき

訳者あとがき
文庫化によせて 大竹英洋

■著者について
ウィリアム・プルーイット(1922-2009)
動物学者。アメリカのメリーランド州生まれ。
アラスカにおけるアメリカの核実験場開発計画「プロジェクト・チャリオット」を環境調査によって阻止し、そのためアメリカを追われることになった。
その詳細は星野道夫著『ノーザンライツ』に記されている。
カナダに移住後は、マニトバ大学動物学研究室教授。
タイガ生物学研究所を設立。極寒地における野生生物の研究を続け、カナダ科学アカデミー最優秀賞などを受賞。
93年、アラスカ州政府より正式の謝罪を受け、名誉回復。
アラスカ大学名誉博士となる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です