ましろのおと(29)

著者:羅川 真里茂さんです。

雪を見て、若菜にも感じるところが出てきましたね!

神木流絃の下での修業で何か掴むことはできるのでしょうか。

528円

TVアニメも大好評の[津軽三味線×青春ストーリー]最新刊!

『同じステージで「春暁」を弾けるまで、兄貴ばやめる』

「自分を見つめる」ため、青森に帰還した若菜。
田沼総一の後押しを受け、雪の実父・神木流絃の下で修業を開始。
悩める若菜は、青森で何かを掴めるか――。

一方、若菜の言葉に気持ちが揺れる雪は上京して初めて三味線を鳴らした河原に桜と出かける。
「始まりの地」に戻った雪が、出会ったものとは……

澤村兄弟、音のルーツを辿る第29巻!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です